クンツァイトとクラックって?

クンツァイトの特徴で、大きな結晶で形作られているので、平行な条線や溝がでやすく、このひびのような模様をクラックと呼びます。
水晶でもこうしたひび状の模様になっているものがあり、クラック水晶と呼んだりします。
カットするときにもこうしたクラックによって割れやかけが起きやすいので、丁寧に扱われます。
クンツァイトでは、一番濃いピンクの部分がテーブル部分に来るように加工します。
クラックは、繊細なひび割れ模様として、クンツァイトの魅力ともなっています。
天然石ならではの自然が作り出す光の変化に、神秘的なインスピレーションを感じる人も多いのではないでしょうか。
深い愛情で心を癒したい、片思いや復縁などの恋愛成就を願って身に着けてみたいですね。
http://xn--bckg5ayfwa8w.net/