フラット35比較は諸経費が大事

フラット35に申し込みするにあたり、いろいろと諸経費などがかかってくるかと思いますが、どのようなものに諸経費がかかってくるのでしょうか。
民間の住宅ローンに申し込みをした時などと比較しながらみていくといいのではないかと思います。
まず、必ず支払わなければならない諸経費として、印紙代、抵当権設定のための司法書士の報酬、火災保険料、地震保険料などがあげられるかと思います。
支払いをしなくてもいいものがある場合については、融資事務手数料や、フラット35物件検査手数料、抵当権設定登記費用、住宅ローン保証料、団体信用生命保険料などは人によっては支払いをしなくていい場合もありますので、確認しておいたほうがいいかと思われます。
フラット35のボーナス払いは?毎月の返済額の設定で悩む!【Q&A】